«

»

1月 25

仕事でトロントへ、飲食店の雑感

ずいぶん前になりますが、出張でカナダのトロントに行きました。

食事では、毎回、いろいろな事がありましたが、思いつつままに書いてみたいと思います。

・朝ご飯が美味しい

ホテルの近くの、広い食堂の様なところで毎朝、食べていました。

小さなトースト2枚、サラダが少し、フルーツが少し、これにコーヒーと卵料理が付きます。

卵は、目玉焼きの種類(片面、両面焼き、半熟など)が選べて、オムレツにもしてくれます。

さらに、ソーセージ、ハム、ベーコンのうち、選んだ1品をつけてくれます。

まぁ、普通の「都会の朝ご飯」なんでしょうけど、これがとにかく美味しかった。

毎朝、食べましたが、本当に飽きません。

大きな鉄板で焼くトーストはともかく、卵、肉類、あとは果物などの美味しさは、やっぱり日本には無いものがありました。

・ビールが美味しい

なんと、トロントの町中にブルワリーがありました。

瓶入りの「アッパー・カナダ」なども美味しかったのですが、ここのパブで飲んだ黒ビールなどは絶品でした。

まだあるんでしょうか。あるならば、是非もう1度、この店にだけは行きたいです。

・マクドナルドは、ちょっと怖い

日本の様に、子供でいっぱい、という感じではありませんでしたね・・・。

もっとハッキリ言ってしまえば、ほぼ客が居ない。

失業者っぽい人、旅行者っぽい人をたまに見かけただけです。

喫煙不可なレストランが一般的でしたが、マクドナルドには灰皿が置いてありましたし。

まぁ、自分たちは、その当時は日本には無かった「クォーター・パウンダー」などを食べて、大満足でしたけど。

・そしてステーキ

最終日に、一緒に出張に行ったお客さんが連れて行ってくれました。

確か「エル・トロ」という店で、貫録のあるギャルソンに席まで案内された時は緊張しましたが、美味しくて安い!

調子に乗って、食後酒まで飲みましたが、日本円にして一人三千円くらいでした。

基本的に、カナダはアメリカと違って、「不味いもの」には出会わなかった気がしますね。