«

1月 25

海外出張でカナダ、トロントへ

初めての海外が、出張で行ったトロントでした。

カナダは移民で成り立っている国で、人種や文化の多様性こそ、自分達のパワーである、という国です。

TVをつければケーブル局がいくつもあり、英語、フランス語だけでなく、中国語の専門チャンネルなどもありました。

出張先の会社のチーフは中国系アメリカ人でしたし、カフェテリアのおばちゃんは韓国籍。

食事も、様々な国のものを食べました。

初日に皆でお昼を食べたレストランはタイ料理屋で、一食が5ドルほどでした。

当時は1カナダドルが62円でしたから、300円くらいだった事になりますね。

プレートランチで、名前は判りませんが米と魚で、かなり美味しかったです。

お国が違う為、皆、昼からビールくらいは飲んでいて、ちょっとうらやましい感じでした。

翌日からは、昼は会社が入っているビルのカフェテリアで、お持ち帰りにして貰ってオフィスで食べていました。

内容はだいたいが中華で、chow mian って何かと思ったら、「焼麺」、つまり焼きそばだったりで、安い上になかなか美味しかったです。

ただ、サイズをLにすると、どうも多すぎる感じで、いつもSサイズにして貰っていました。

日本語の達者な韓国籍のおばちゃんが、「Sサイズ、好きね」と言って笑っていたのを覚えています。

ただ、この食べる量の違いは、レストランなど入ると、ちょっと都合が悪いときもありました。

異常気象で暑かったので、お客さんと二人でビールでも飲もうかと店に入って、つまみにピザとサラダの様なものを注文したのですが・・・。

どちらも一人では食べきれない量です。

向こうのサラダは堂々と肉が入っていたりしますが、これにはイカや海老などのシーフードが入っていて、十分に食事になる感じでした。

満足して「お勘定を」というと、ウェイトレスのお姉さんが、にわかに憤然とした顔つきになったので驚きました。

どうやら、自分たちの食べる量が少ないので「この店は不味いから他へ行くよ」みたいに受け取られた模様です・・・。

この他、名物のメープル・シロップのかかったパンケーキや、コーンミール(何かと思いましたが、ベーコンだそうです)とか、どの店でもメニューには美味しそうなものが沢山載っていました。もうちょっと長く滞在して、いろいろと食べてみたかったですね。